本来の適性は指揮官系サーヴァント。ネロにはキャスターとしての適性はあるのか?

ある時はセイバー、またある時はキャスター…ネロの適性について調査!

強力なキャスターとして登場

術ネロ

イシュタルカップにエントリーする際にネロが水着姿になってるんですけどもクラスがキャスターなんですよね。

本来の適性は指揮官系サーヴァントとのことですが、ネロはキャスターとしての適性も持ち合わせていたのでしょうか?

まあFGOでクラスが変わるなんてことは良くあるんですが、気になったので調べてみましたよ(^ω^)

そもそもキャスターとは?

キャスター

・魔術師の英霊
・ランクA以上の魔術を持つ
・陣地作成と道具作成を持つ

白兵戦は苦手で味方のサポートや魔獣やゴーレムを召喚したり、呪術・魔術を使って戦うケースが多いですね。

ちなみにセミラミス、フィン・マックールもキャスターの適性を持っているとのこと。

僕的には最初に見た作品がFate/stay nightだったこともあって、やっぱりメディアのイメージが強いっすね。

元はネロ・ブライド

水着ネロはFGOに登場するネロ・ブライドがベースになっているため、元はセイバーだったことになります。

なので武器も杖じゃなくて、そのまま剣なんですよね。

水着ネロ

モーションを見ても普通に剣で斬りかかってたりします。

まあその辺は弓を持たないアーチャー理論なんでしょうか(´<_` )

陣地作成と道具作成

陣地作成

陣地作成(A+)
魔術師として自らに有利な陣地な陣地「工房」を作成可能なスキルだが、水着ネロの場合は「劇場」を形成。

道具作成

道具作成(奇)(EX)
キャスターのクラス特性の亜種で、このスキルを利用して黄金の砲台装備を作成したという噂。

キャスターとしての能力もかなり高いですね!セイバークラスよりも相性が良いという話なんで、元々はキャスター寄りなのかも。

生前に宮廷魔術師シモンから魔術について学んでいるので劇場礼装も作れちゃうという…なんでもできるな。

シモンのお話では魔術の才能もあり。やっぱネロ陛下はスゴイや!

皇帝特権

本来持っていないスキルでも本人が主張すれば短期間ながら獲得できちゃう脅威のスキル。

これで説明が付きますねえ(^ω^)

そもそもセイバークラスの適性も持っていないけど「万能の天才である自分には最優のセイバーがふさわしい」という理由から皇帝特権でセイバーになったとのこと。

なんという強引さ…しかしそこがまたネロの魅力でもありますね。本人が主張すれば叶うってアンタ。やっぱり皇帝ってスゴイや!

まとめ

作品によってはセイバー、キャスター共にある程度の素養はあったように描かれていますが、大部分はやはり皇帝特権によるものと思われます。

皇帝特権を使用できるサーヴァントはネロの他にはロムルス、オジマンディアス、カリギュラ、クレオパトラ、不夜城のアサシン。

ナポレオンって皇帝特権は持ってないのか…。

中でもネロはEXなのでワガママ度合いが強いんでしょうか(^ω^;)なんせ水着ネロの場合は暴走特権ですからね。

その時々でクラスを変えることができる理由にもなんだか納得できてしまいました。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 遠い音楽 より:

    ニトクリスはファラオだけど皇帝特権は使用できないのですか……

    Fate/extraのアニメでは、ネロは皇帝特権を利用して沈んだ船を引き上げてドレイク船長と砲撃戦をしてましたねぇ。

  2. ヒース(FGOではアッシュ) より:

    皇帝特権て便利ですね。実は何でもありだったんですね!ワガママ具合ではオジマンディアス様もネロ様も大差無いのか?
    ナポレオンは人々の願いや期待に応える側面?みたいな感じだったと思うので、本人の思惑とは違う形で限界してるのかも。
    まったく関係ないですが、三年半ぶりにスマホ変えたらFGOが物凄く快適になりました。前のは火傷しそうなぐらい発熱するようになりましたからね。これでネロ様3名の素敵な姿をたんのう出来るというものです(笑)

    • ナカジマ より:

      こんな何でもありなスキルだったとは…
      自身が言い張ると叶うってとこが皇帝らしくていいですね(^ω^)b
      ナポレオンはちょっと誇張された状態らしいですし、本領発揮できてないのかな?
      その割には強いですけどね。カッコイイし!

      三年半ぶりですか!それはかなりですね。
      僕はなんだかんだで二年ぐらいでは買い替えている気がします。
      昔iPhone6でFGOをプレイしていたのですが、宝具を使うたびに落ちてました。
      辛かったな、あの頃…いまいちハマれませんでした。